美容か漢方とダイエットと中国の秘宝

多汗症について考えをまとめてみた美容か漢方とダイエットと中国の秘宝

多汗症で悩みを抱える人向けに私の知っている対策方法を述べてみました。

多汗症とは

多汗症とは、必要以上に汗が出てしまい、皮膚の表面が汗で濡れてしまう状態をのことを言います。人は緊張している時や不安を覚えると多量の汗をかきます。しかしこの症状はリラックス状態でも目覚めたばかりの時でも汗をかく症状が現れます。この症状の原因は幾つか存在します。最も多いのが精神的ストレスです。この場合、発汗恐怖症とも呼ばれておりストレスや緊張、不安を感じると交感神経が優位になって汗腺の働きを活発にします。このことから交感神経が敏感な人ほどかかりやすいと言われています。

なぜ交感神経が敏感になるのかは不明であり、精神的な問題を抱えているからといって必ずしも起こる症状ではありません。次に他の疾患が原因であることが挙げられます。代謝異常や内分泌異常、循環器や中枢神経の疾患といった病気を患っていると、多汗症になる場合があります。このケースの場合多くは全身性多汗症になる傾向があります。ホルモンバランスの乱れも多汗症の原因となることがあります。特に女性は月経や妊娠、更年期があることから影響を受けやすいと考えられているのです。

多汗症対策グッズとは

多汗症は原因は様々ですが、日常生活を送るうえで対策は必須です。対策グッズとしては制汗剤やサプリメントなどが有効です。沢山ある対策グッズのなかで人気を集めているのが手汗専用の制汗パウダーのファリネです。酸化亜鉛やクロルヒドロキシアルミニウムといった成分が汗の出口に蓋をしてくれるので発汗を抑えることが出来ます。パウダータイプであることからベタつかず、サラサラしてういるのが口コミで好評です。脇の下の臭いと汗を抑えるクリームとしてノアンデも人気のあるアイテムのひとつです。

わきがの原因となる菌をほぼカットしてくれるため、臭いをしっかり抑えてくれます。リピート率が高いのも特徴のアイテムです。手汗の対策としてもうひとつ人気のアイテムはコルクルです。元々は男性用として開発されていることから性別問わず人気の商品と言えます。ハンドクリームタイプのアイテムでそのデザインは制汗剤とわかりにくいので携帯しやすいと口コミでは好評です。サプリメントとして人気なのはアセッパーというアイテムです。ポリフェノール、クロレラエキス、大豆イソフラボンといった成分が体内から多汗症を対策してくれます。

多汗症はボトックス注射で治る?

多汗症治療として有効な方法としてボトックス注射が挙げられます。これはアポクリン汗腺やエクリン汗腺が多いことが原因で起こるワキガにも有効な治療法とされおり、アセチルコリンという交感神経の末端で発汗を促進させる物質を抑えることで発汗を抑える効果を持っています。発汗を抑えることで多汗症だけでなくニオイなども防ぐことが可能です。劇的な効果を持つ治療法ですが、デメリットとして効果が永続ではないことが挙げられます。半年から1年程度が目安で短いと3ヶ月で効果が切れてしまう場合もあります。

一般的にボトックス注射は回数を重ねれば重ねるほど効果の持続期間が長くなると言われていますが、何回も治療を行う必要があるのです。そうなると次に発生する問題としてはコスト面が挙げられます。ボトックス注射は現在、条件によっては保険が適用される治療法です。しかし適用されないとかなりの費用がかかってしまうでしょう。クリニックによって価格が異なりますが最低5万円程度と考えておきましょう。また効果に個人差があることから副作用が起きる場合があります。赤くなって晴れたり、だるさを感じるなどの症状が挙げられますがこれに関してはすべての人が起こるわけではありません。

多汗症治療に保険は適用されるのか?

多汗症治療としてボトックス注射という方法が挙げられます。2012年から重度の多汗症に対し保険が適用されており、胃従来より安く治療を受けることが可能です。ただ注意しておきたいのは先に触れたとおり、全ての症例における治療で保険が適用されるわけではありません。条件として医師が特別な原因がないのに日常生活に支障がでるほど多くの脇汗がでる病気と診断した場合のみになっています。この保険が適用される多汗症の正式名称は原発性腋窩多汗症と呼ばれており、脇の下に必要以上の発汗を生じる症状が起こる疾患です。

そのため脇から腕へ汗が垂れたり服の両脇にシミができるほどの汗をかきます。この時、なんらかの病気や服用中の薬が原因で多汗症の症状が起きている場合は、元となる病気を治療する必要があることから多汗症治療の保険適用にはならないので注意が必要です。この保険適用はひどい脇汗による生活の質の低下を防ぐ目的で認められました。多汗症の原因は様々ですが、注射などを使用する治療を行う場合は専門のクリニックを利用する必要があります。


先頭へ
Copyright (C) 2017 美容か漢方とダイエットと中国の秘宝 All Rights Reserved.