美容か漢方とダイエットと中国の秘宝

公孫淵と魏志倭人伝と邪馬台国の歴史美容か漢方とダイエットと中国の秘宝

公孫淵と魏志倭人伝と司馬懿との戦いなど

公孫淵とは

公孫淵は中国三国時代の武将の一人で、遼東の地で自立し燕王となった人物でもあります。父である公孫康を早くに亡くし、後継ぎとして立つことが出来なかったものの、父の後を継いで遼東太守となっていた叔父を脅迫して228年に遼東太守の座を継いだと言われています。



遼東太守の座を継ぐと同時に、魏明帝の曹叡からは揚烈将軍の官位を与えられています。公孫淵は魏と通じながらも、実は呉とも通じるという二枚舌の外交を巧みに行っています。そのために233年には呉から九錫を受けて燕王に任じられています。ですが、呉との関係は決裂し、呉の使者であった張彌・許晏・賀達たちを殺害してその首を魏に差し出しています。



この功績によって魏からは大司馬・楽浪公に任じられています。ですが、公孫淵はさらに魏から自立し燕王と称し237年に魏からの出頭命令に従いませんでした。魏との関係性がこじれ、さらに呉との関係性も崩れていた状態になります。呉は魏への牽制に役立つと考え燕に援軍を送るも遅く、最終的に魏軍に大敗し、238年に斬首によって亡くなっています。その際、一族もろとも斬首され、遼東の成年男子7000人も虐殺されています。

公孫淵が司馬懿に敗れた理由

一代で燕国をおこし燕王ともなった公孫淵が、魏の一将軍でもあった司馬懿に負けてしまい最終的に一族もろとも斬首に処された理由とはどのようなものだったのでしょうか?司馬懿は公孫淵の人柄について良く熟知しており、逆に公孫淵は周りの意見をしっかりと聞き入れなかったという点がこの勝敗を分けたということができます。



司馬懿は公孫淵が籠城に出たことにより、十分な食料を持つ司馬懿軍の勝利を確信しています。投降ではなく和議を申し出てきた公孫淵に対して、戦いの5つの要点について説いたと言います。戦いの5つの要点とは、戦意がある時に戦うこと、戦えない時には守ること、守れない時にはに逃げること、残るは降伏するか、死を賜るかという5点で、公孫淵は逃げることもできず、降伏することもできないのであれば、残るは死あるのみと告げ、逃亡した公孫淵を斬首して勝敗を決しています。



公孫淵が司馬懿に敗れたのは、まさに器の違いであり、考え方が大きく異なるためということができます。のちに司馬懿は魏の全権を握るほどの人物であり、二枚舌の公孫淵とは器の大きさが異なっていたということになります。

公孫淵が滅びた事で、倭国と魏が友好が出来たって本当なのか?

古代中国の三国志時代、蜀・呉・魏の中で日本にもっとも近い国は魏という国になります。ちょうど魏志倭人伝の中で倭国が魏に使者を送り友好関係を築き始めていますが、三国志時代の三国の中で魏と友好関係を結ぶことになったのはこのような理由がありますが、魏と友好関係を結ぶために邪魔になっていた遼東という地域があります。



ここはちょうど朝鮮半島の北に位置する地域で、この地域を治めていたのが公孫淵でした。公孫淵は燕王として自立し独自王朝を起こすものの、のちに魏によって滅ぼされたことにより、朝鮮半島を通じて魏へと使者を送ることが出来るようになり、倭国は魏との友好関係を築くことが出来るようになったと言われています。



魏志倭人伝によると倭国の女王卑弥呼が魏の皇帝から「親魏倭王」に任じられたのは238年と言われていますので、公孫淵が斬首されたころと年号が一致しています。実は倭国からの使者は以前から中国に派遣されていたと言われていますが、公孫淵が遼東に留めて自らへ朝貢をさせていたものの、公孫淵が滅びたことで魏への道が開いたという見解もあります。

魏志倭人伝とは

魏志倭人伝というのは、中国の歴史書の中の一つである「三国志」の中に記載がある「魏書」の中の第30巻烏丸鮮卑東夷伝倭人条の略称になっています。魏志倭人伝と言われているものの、実際には列伝が存在しているわけではなく、魏書に「東夷伝」というものがあり、その中に倭人、つまり当時の日本の様子が記載されていたものになります。



中国の正史の中で初めて日本に関する記事がまとまって記載されているものになっています。魏志倭人伝には邪馬台国の存在や、邪馬台国に属さない国もあったことが記載され、位置や邪馬台国の官名、そして生活様式などについても記載があるために、魏志倭人伝は3世紀ごろの日本の状況を知る手掛かりとなる史料といわれています。



ただ、この魏志倭人伝の内容が正確なのかどうかという点についての疑問なども多く、邪馬台国に関する論争などが起こる原因となっているとも言われています。邪馬台国があり卑弥呼という女王がいたことは確かであっても、魏志倭人伝にはゆがんだ記述も多く含まれているのではないかという指摘も複数あります。


先頭へ
Copyright (C) 2017 美容か漢方とダイエットと中国の秘宝 All Rights Reserved.